毎日ルクルーゼ - 2017年04月16日

先月の入院で、子宮全摘出しました。


去年は、人間ドックを予約した日が、息子の手術の日と重なり、私は行けずじまい。
人間ドックに行くつもりだったので、がん検診はもちろん健康診断も行ってなかったんだけど、
友人に数ヶ月前から、子宮がん検診も行った方が良いよ~と言われ、延び延びになり2月に検診に行きました。
他の検診は行ってないけど、身長体重血液検査は、術前にしたのでまぁいいかと。
数時間の検診で終わるかと思っていたら、先生から「MRI撮った方が良い」と言われ、MRIを撮った一週間後に検診結果を聞きに行きました。
年齢も年齢なので、月経の量も少ない私だったので、ガンじゃなければ良いな。と思っていたのですが。

「子宮頸がんも体がんもなかったけど、筋腫がいっぱいだね、、、」と言われ
「早めに手術してとった方が、リスクは少ないよ」と言われ。
子供も二人産んでるし、全摘することに抵抗はなかったので、開腹手術ですることになりました。
今年は、息子の卒業式があって、入学式があって、娘の学校の支部長にもなっていて、3月しかなかったので、先生に予定を言って手術日が決まりました。

手術の前々日に入院。この日は、ほとんどすることなくテレビとお友達。
翌日から、尿測。
手術当日は、浣腸、剃毛、風呂、点滴と午前中は忙しく過ぎ、午後から手術。
歩いて手術室に行って、台に乗ったらたぶん2,3秒で眠りに。
次に目を明けたときには、終わってた。
手術日は、旦那が出張だったので、息子と義父母に来て貰ってたんだけど、術後
「ありがとう~」というのが精一杯だった。。。
もちろん切ってるから、痛いし、っていうか熱いっていうか。
痛み止め入れて貰って、ほぼ寝てました。
でも、先生が回診に来たら、「はい足を動かして~」って言われて、回復には動かした方がいいんだけど、痛いよ先生~と内心思いながら、、、

点滴中

数日点滴が続く、、、
最後には、点滴刺すところもなくなってきて。ココ↑!!痛かった!
胃腸薬が効きすぎて、下痢になったり、注射が痛かったりしたけど、退院の頃にはゆっくり歩いたり出来る様になりました。
退院前の問診で、筋腫は12こあって、卵巣も嚢腫があった右を摘出しましたと。
骨盤の中がほとんど子宮と術前に言われてたけど、12ことは、、、

そして、入院2週間と自宅療養1週間で合計3週間ゴロゴロ生活をしていたわけですが、体力はなくなってるし、足が細くなってて(゚д゚)!。
ズボンが合わない。
まず、ジーンズが履けないんです。キズにちょうど当たるから。
ファスナーがキズに当たりそうな服は、退院時には避けた方が良いです。
擦れるとキズが残りやすくなるので、私はファスナーのないパンツを買って履いてます。
術後1ヶ月以上たったけど、キズが当たれば痛い。
傷の上部は、縫った線も薄くなってきたけど、下部はまだ赤いので擦れてて、治りにくいんだなと思います。

数日前の検診で、術後の定期検診が終わったわけですが、先生からは
「卵巣が残ってるから、卵巣がんになる可能性は残っています。なかなか見つけにくい臓器なので、出来れば半年に一度来てくれるのが望ましい」と。
下腹部系の検診は遠ざかりがちだけど、頑張ろう。
病気とは無縁の私だったので、入院も初めてで不安だったけど、看護婦さんがいろいろ気遣ってくれたので、安心して入院できました。
先生も大事だけど、看護婦さんも大事だね。

スポンサーサイト

検索フォーム

プロフィール

rifako

Author:rifako
ルクルーゼを使って作ったゴハンの食日記。
パンも焼いていましたが、小麦アレルギーのようで、グルテンフリー生活に。
旅行、食べること大好きなので、旅も記録中。

★リンクフリーです。コメントを残して頂けたらこちらからお伺いします~!よろしくお願いします。

★このHPは、アフィリエイトを利用しております。
紹介している商品は、クリックするとお店のページに行き、 そのお店からの購入になります。支払い方法や送料など確認して購入してくださいね。

カテゴリ

コメントありがとうございます!

お友達ブログ

Blog People

レシピブログ

RSSリンクの表示

ルクルーゼを探す

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © rifako